忍者ブログ

リフォームコスト削減ノウハウ レビュー・評判

1室でもできる!見積330万円を60万円に!「利回り20%」を達成するリフォームコスト削減ノウハウ公開

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1室でもできる!見積330万円を60万円に!「利回り20%」を達成するリフォームコスト削減ノウハウ公開

1室でもできる!見積330万円を60万円に!「利回り20%」を達成するリフォームコスト削減ノウハウ公開






2006年度を境に人口が減少に転じ、一方の新築貸家着工件数は6年連続の増加、
今、賃貸住宅業界は未曾有の大競争社会に突入しつつあります。

・既に土地をお持ちで、親の代からアパート、マンション経営をしている、
・土地活用を勧められ、アパート、マンションを建てた。
・土地、建物セットの新築アパートを購入した。

上記の様な大家さんは、実は、皆不動産投資、賃貸経営は「儲からない」と口を揃えていいます。


驚くべきことにその「儲からない」という大家さんは空室がある「空室大家」だけでなく、
なんと「満室大家」でさえ儲からないといっているのです。


何故儲からないのか?


その答えは簡単です。


それは賃貸経営を続けていく上で必要不可欠な「商品価値」を取り戻す為の
「リフォーム工事費」が適切に抑えられていないから儲からないのです。


この「リフォーム工事」ですが、貴方もご経験がおありかと思いますがとても厄介です。

”見積もり一声100万円”、海千山千の”不透明”な業界、

実はこのリフォーム工事、殆どの大家さんは

・「何が最適か分からない」
・「いくらが安いか高いか分からない」
・「どこまでやればいいか分からない」

という状況なのです。


だから業者のいいようにやられ、結果的に家賃5万、6万で1室のリフォームが60万、100万、
なけなしの家賃の10ヶ月分、場合によってはそれ以上かかってしまい、結局お金が残らなければ、
誰の為にリスクを背負ってアパマン経営をやっているのか分からなくなります。


しかし現実問題として、貴方の建物は建てた瞬間から刻々と劣化します。
そして、入居者が退去すれば必ず「リフォーム工事」をし無くてはいけません。
築年数がたてば、間違いなく「設備」の更新をし無くてはいけ無くなるでしょう。


賃貸経営において、「リフォーム工事」は切っても切れない関係なのです。

しかし、その「リフォーム工事」でやっとたまったなけなしの家賃が全て”吹っ飛ぶ”という事が、
実は”儲からない賃貸経営”の全ての原因なのです。

 

 

それは一体どんなものか?


そのからくりをお話しましょう。


まず、前提として、リフォーム工事業者は貴方の物件があるエリアにおいて
星の数程あると言う事はご存じのことと思います。

そして、その多くの「リフォーム業者」から見積もりを取ると、業者からの見積もりは”3社3様”、
見積もり価格もびっくりする程の”価格の開き”が出ていることでしょう。

貴方は「リフォーム内容」を決めた後になるだけ多くの業者に相見積もりを取られることと思います。
貴方が考えるとおり「リフォームコスト削減」を実現する為には、より多くの業者にあたる事が必要です。

しかし、何も分からないまま、そして、何も考えず、手当たり次第見積もりをとるから「何が最適か?」
「安いのか高いのか?」、そして「どこまでリフォームするべきなのか」が余計に分から無くなるのです。

実の所お話をすると、多くの「リフォーム業者」から見積もりを取ると言う事よりも
もっと重要なことがあるのです。

それは、その業者が「安く出せる業者かどうか?」と言う事です。
いくら多くの業者から見積もりをとったとしてもその業者がもともと「安く出せる業者」でないと、
いくら時間と労力をかけて交渉したとしても決して安くならないのです。


結論から言いますと「リフォームコスト大幅削減」の秘訣は

安心して任せることができ、親切で、且つ「見積」を”破格値の安値”で出すことが出来る、
そして、その金額で責任を持って最後まで工事を完了してくれる業者

いいかえれば、”構造上安く出すことが出来る良心的な業者”を見つけだし、
彼らが「損をしないが儲からない」、しかし「やりたい」と思う
”相場観を持った指値”をする事にあります。


「リフォームコスト削減の秘訣」は、業者の”構造”や”体質”、そして”考え方”を逆手に取った
”戦略的な業者選定術”が全てなのです。

 


工事業者は数多くありますが、その殆んどは、工事を受注しても「下請業者」へ丸投げをする
職人を持たない「元請業者」です。
何故なら、自社で職人を抱えても、仕事が安定して受注する事ができない為、
雇いつづけることが出来ないのです。

宅建超高速勉強法 日経225で毎月+850円の利益を叩き出す!?TEPPAN225 TS-SD1 28daysニキビ(にきび)改善プログラム 「ウェブデザイン技能検定」合格への近道!【WEBの王道】 (新卒・第2新卒の就活限定)超氷河期でも安心!新卒内定率10倍アップ法 荒関式ことば発達法セットパック 成長型自動被リンクツール【Monster Linker/モンスターリンカー】

そのような実態から、工事を受注したとしても一定の”マージン”を抜いて、「元請業者」は
何もせず「下請業者」へそのまま工事を丸投げするという図式が成り立っています。

一方の「下請業者」は、自ら工事を受注する力がなく、多くの「元請業者」の下請けに入り
仕事を安定的にこなすことで成り立っています。例え「元請け」が何もせずに
大きな”マージン”を取っていたとしてもです。

何故なら「下請業者」は自力で仕事を受注する事もできずに、
かといって仕事が途切れてしまおうものならば、雇い入れている職人の日当が払えなくなります。
作業をする職人がいなくなれば当然のことながら、会社として継続する事ができなくなり
倒産してしまいます。

そのような理由から「下請業者」は薄利でも、継続した「元請け」からの仕事をこなすと言う事が
建築業界では当然の常識なのです。


いわば「元請け」と「下請け」は、足りない所を互いに補い合う”持ちつ持たれつ”の関係なのです。


だから普通に、そして安易に、何も考えず大家が見積もり依頼をしたとしても、単発”1回こっきり”の
工事付き合いの”大家のメリット”でなく、見積を提出する「元請業者」は、これからも継続して付き合う
「下請業者」へ対して、自らの”マージン”をしっかりとった上でも、ある程度「下請け」が利益がでるよう工事の依頼主である大家へ対しては”高額の見積もり”を提出するのです。


上記の実態を踏まえて、大家に対しての”高額な見積もりの根拠”が、
いかに工事業者にとって理にかなったものか、ご理解頂けたかと思います。


しかし、上記内容を勘案した上で、彼ら”工事業者の思考を理解”し、”戦略的に工事業者を選定”
する事ができれば、だれでも、どこでも、何時でも、そして、空室1室からでも「リフォームコスト大幅
削減」が可能となるのです。

 

重要なのでもう1度いいます。

 

リフォームコスト削減の秘訣は

安心して任せることができ、親切で、且つ「見積」を”破格値の安値”で出すことができ、
そして、その金額で責任を持って最後まで工事を完了してくれる業者

いいかえれば、”構造上安く出すことが出来る良心的な業者”を見つけだし、
彼らが「損をしないが儲からない」、しかし「やりたい」と思う”相場観を持った指値”をする事にあります。

 

「ちょっとまって?そんな業者いるのか?」

「相場何て、素人だから分からないよ!」

「リフォームコスト削減なんで出来ないよ!」

 

ひょっとして貴方はそう思われたかもしれません。


しかし断言します。


間違いなく貴方のお住まいのエリアにも、そのような「工事業者」は必ずいますし、”工事の相場観”も段階を踏んでいけば必ずわかるようになります。そしてリフォームコストの削減も必ず出来るようになるでしょう。


何故そのようなことがいえるかというと、わたしはこの事例を経験するまで、まったくの素人でした。
リフォーム工事の見積を取ったのも初めて、面談何てしたとことも御座いませんでした。

しかし、「46社」の業者にコンタクトを取り、「12社」面談した結果分かった、”ある一定の選定基準”を持って業者を当ることにより、そのような業者に”だれでもたどり着くことが可能”だと気づいたのです。

そして、”戦略的な考え”を持って一つ一つ段階を踏むことで”工事会社の安値限界値”、いわば
”最強の相場観を持った指値”が出来るようになるのです。


そうです。このセミナーは

リフォームコスト削減の秘訣である

安心して任せることができ、親切で、且つ「見積」を”破格値の安値”で出すことが出き、
そして、その金額で責任を持って最後まで工事を完了してくれる業者

いわば、”構造上安く出すことが出来る良心的な業者”を見つけだし、彼らが「損をしないが儲からない」、しかし「やりたい」と思う”相場観を持った指値”をすると言う事を、リフォーム工事等無縁の、見積等まったく見た事が無いような”素人が出来るようになる”よう解説されています。

ただ単に力技で数をこなし出来るというものでは御座いません。

”より効率的に、手間なく、簡単に探す為の、「具体的なやり方」や「手順」と、”工事の相場観”を養う為のプロセスを、ステップバイステップで解説”したセミナーなのです。


貴方はこのセミナー内容とレジメに沿って、貴方のエリア当日講座の中で解説する
”ある一定の基準”で持って「リフォーム業者」と面談するだけでいいのです。
例え貴方が今の段階では”まったくの素人”であったとしてもです。

何故なら、このセミナーには業者と面談をする際に「言わ無くてはいけない点」や
「聞くべき点」の具体的な”文言”が各段階において明確に記されているからです。

貴方はそれに沿って業者に電話をし、FAXを送り、そして現地で面談をすればよいのです。


貴方の「賃貸経営」におけるリフォームの常識を根底から覆すこのセミナー内容は、
一体どんなものか?

 

PR

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
リフォームコスト削減ノウハウ
性別:
非公開

ブログ内検索

アーカイブ

Copyright ©  -- リフォームコスト削減ノウハウ レビュー・評判 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]